ひとみーぬ通信

本、映画の感想、ブログ運営法など雑多なブログです。

UQモバイルとIIJmioの料金、速度、無料通話プランを比較してみました

ライン公式アカウントで友達限定記事配信中♪
友だち追加

私は2013年から6年以上、格安SIMを利用しています。

6年間はIIJmioで、今はUQモバイルを利用しています。

IIJmioとUQモバイルの比較

 uqモバイルとiijmio、どっちがいい?

格安SIMサービスを選ぶ時、利用者目線で気になるのは、主に以下の3点だと思います。

  • 料金
  • 速度
  • 無料通話プラン

格安SIMは、携帯料金が安い代わりに、速度が遅くなる、無料通話プランが少ない、という印象があります。

逆に言うと、

  1. 毎月のスマホ代が安くなる。
  2. 快適な通信速度で使える。
  3. 必要な無料通話がある。

この3つが格安SIM選びのポイントとも言えます。

そのため、この3点を重点的に比較してみました。

UQmobileは準キャリア、IIJmioは独立系格安SIM

UQモバイルは準キャリア(サブブランド)で、大手キャリアauが運営している会社です。

UQモバイル

通信速度がキャリア並みに速いという特徴があります。

速くて安い、という「いいとこどり」ができるため、ここ数年で急速にシェアを伸ばしています。

 iijmioは設立20年以上の老舗の独立系格安SIM業者です。

技術力が高いため障害に強く、速度も格安SIMの中では比較的速い方です。

顧客対応もしっかりしていて、長く愛用している人も多い人気の格安SIM業者です。 

UQモバイルの月額料金

一番人気の音声通話つき、3GBのプランで比較してみました。

おしゃべりプランS 13カ月目まで 14カ月目から25ケ月目まで
月額料金 1,980円 2,980円
データ容量 3GB 3GB
無料通話 5分以内かけ放題 5分以内かけ放題

↑スマホだと横にスクロールできます。

【注意点】

UQモバイルは、データ増量キャンペーンが適用されると、最大でプランS⇒3GB、プランM⇒9GB、プランL⇒21GBになります。(新規契約後、2年間)

月額1980円は各種自動割引により、毎月2000円引かれた後の価格です。(詳しくは後程ご説明します)

プラン詳細

iijmioの月額料金

ミニマムスタートプラン 期間による変動なし
月額料金【タイプA・D共通】 1,600円
データ容量 3GB
無料通話オプション 3分かけ放題600円・10分かけ放題830円

音声通話つきSIM、3GBでiijmioは月1600円。

 

料金の比較では、iijmioの方が魅力的です。

 

特にiijmioのファミリーシェアプランでは、音声SIMを5枚まで契約できます。

家族間または、同一契約間同士、4人でシェアすれば月額料金は4人分合わせて5760円です。

【月額料金2560円+音声通話機能付帯料700円×4台、追加SIM費用400円】

 

iijmioは、4人分の月額スマホ代が5760円だけ!

月々のスマホ料金が一人6000円だとしたら、4人分24,000円-5,760円=月18,240円削減できます。

18,240円×12カ月=年間21万8880円安くなります。

節約効果がものすごいです。これが格安SIM最大の魅力ですね。

iijmio

IIJmio(みおふぉん)

長期利用で得になるiijmio、損するUQモバイル

2年以上iijmioを利用していると、iijmioプレミアム特典(長得)が受けられ、3GB+有料オプションが一つプレゼントされます。

 

正直、有料オプションはあまり魅力的なものがないのですが、3GBを無料でプレゼントされるので、データ量を多めに消費した月などに充填できるのは嬉しいです。

 

一方UQモバイルは契約後、2年間は容量増量や各種キャンペーン割引等で料金がお得になりますが、2年目以降からはデータ量が半分になるなど、塩待遇になります。

おしゃべりプランSの1980円という料金も、13カ月目以降には1000円プラスされて実質2980円になってしまいます。

 

さらに25カ月目以降にはスマトク割(毎月1000円割引)がなくなるため、月額料金が3980円になりますが、

再び-1000円割引がつくので2年目以降は実質2980円で固定ということになります。

UQモバイルの割引サービス

2年目以降(26カ月目)なら無料で解約することもできます。

 。

※UQモバイルは端末割引率が非常に高いので、実質頭金500円程度で機種変更可能です。

購入した機種が気に入られければ、SIMカードだけ手持ちのスマホに差し替えればOK。

 

また、専用のWEBキャンペーンサイトから申し込むと、初期費用無料、キャッシュバック最大10000円を受けられるので、それらの特典も加味すると2社のトータルコストはあまり変わらなくなります。

注意点:今後は割引やキャッシュバックがなくなる!?

2019年後半から、総務省がスマホプランの改定を行います。

参考サイト⇒総務省|電気通信事業法の一部を改正する法律(令和元年法律第5号)の施行に伴う関係省令等の整備等に対する意見募集

主に、複雑な料金体系をシンプルにし、業者間のサービスの不平等さを改善させる目的です。

これにより、今までお約束だった2年縛りが撤廃され、端末割引、新規契約限定キャッシュバック等の割引が受けられなくなる可能性があります。

詳細は、今後の政府の動向を見守るしかありません。 

www.hitominu.com

 

料金比較まとめ

  • 家族間、同一契約間でスマホ4台使うなら、iijmioの方がお得。
  • UQモバイルは初めは神待遇。2年目以降は塩待遇だがそれでも月3000円以下。
  • 月額料金はiijmioの方が安い。

速度の比較

  IIJmio UQモバイル
通信速度 最大10.8Mbps 最大31.8Mbps
低速時 200kbps 300kbps
速度制限 低速時に直近3日間で336MB以上 直近3日間で6GB以上

参考:UQモバイル公式サイト

注意点として、iijmioのタイプA(au回線)は、直近3日間6GB以上でも速度制限になります。

タイプAはタイプD(ドコモ回線)よりも遅くなりがちです。

 

速度はUQモバイルの方が明らかに速いです。

 

UQモバイルは時間帯に関わらず速度が速く、安定していますし、通信量を使いすぎてお仕置きモードになっても300kbps出るので、遅すぎて死にそう!にはなりません。

(iijmioのお仕置きモードは200kbps以下)

 

iijmioも格安SIMの中では悪くはない速度ですし、動画やSNSなど、用途により速度が勝手に調整されないので比較的安定しています。

ただし私の体感では、サクサク動画視聴、アプリのダウンロードは厳しい感じです(;´д`)

iijmio、UQモバイル共通のメリット

【バースト機能】

両社ともバースト機能があるので月3GB以下のプランでも、比較的安心して使えます。

※バースト機能とは、ザックリ言うと一瞬だけ(1秒)データ通信力が強化される機能です。

のろのろの亀が、坂道のエネジーポイントに入ると一瞬だけジャンプできる・・

そんなイメージです。4GB以上でバースト機能を必要とする機会はあまりないでしょう。

 

【データ繰り越し可能】

余った分のデータ量を翌月に繰り越せるので、通信料を節約できます。

データ繰り越しは格安SIMにはあまりないサービスです。月により、データ消費量にバラツキがある人におすすめ。

【節約モードがある】

UQモバイルには節約モードがあり、データの節約が可能です。

iijmioも、高速と低速の切り替えアプリを無料で利用できます。

 通信速度比較まとめ

  • 通信速度はUQモバイルの方が速い。
  • データの使い勝手は両者とも互角。
  • iijmioのタイプA(au)回線は遅いので、タイプD(ドコモ回線)がおすすめ。

無料通話プラン

両社とも無料通話プランが用意されています。

最大の違いは、iijmioの方が家族間の無料通話時間が長いことです。

iijmioの3分かけ放題はファミリー通話割引で、家族間だと10分に延長されます。

10分かけ放題なら家族間→30分に延長されます。

 

さらにその後の通話料金も、家族間だと30秒16円になります。

※家族ではなくても同一契約間なら適用されます。

 

一方、UQモバイルは国内5分なら何度でもかけ放題の【おしゃべりプラン】と、国内60分~180分無料の【ぴったりプラン】が用意されています。

おしゃべりプランS 2,980円(1年間は1,980円) 5分以内かけ放題 2GB(2年間は3GB/月)
おしゃべりプランM 3,980円(1年間は2,980円) 5分以内かけ放題 6GB(2年間は9GB/月)
おしゃべりプランL 5,980円(1年間は4,980円) 5分以内かけ放題 14GB(2年間は21GB/月)
ぴったりプランS 2,980円(1年間は1,980円) 60分無料 2GB(2年間は3GB/月)
ぴったりプランM 3,980円(1年間は2,980円) 120分無料 6GB(2年間は9GB/月)
ぴったりプランL 5,980円(1年間は4,980円) 180分無料 14GB(2年間は21GB/月)

家族間の割引は、2台目以降、月500円です。

ただし、家族間の通話はラインなどの無料アプリを利用する・・

という方は家族間通話割引はあまりメリットがないかもしれません。

 

基本的に無料通話アプリ以外で通話をする相手は、仕事関係の人などが多いので、音声プランとかけ放題プランがセットになっているUQモバイルの方が実用的だと感じることもあります。

 

iijmioは別途【通話定額オプション】を契約します。

  • 月600円の通話定額オプションで国内3分かけ放題。
  • 月830円の通話定額オプションで国内10分かけ放題。
  • どちらも家族間、同一契約回線間は国内30分かけ放題。

基本料金に600円~800円上乗せされるので、月額料金が2000円以上となり、iijmioの利点であるコストパフォーマンスが下がります。

無料通話

私はiijmioのコスパの良さを維持したかったので、通話料が半額(10円/30秒)になる【みおふぉんアプリ】を利用し、かけ放題プランには加入しませんでした。

 無料通話比較まとめ

  • 家族間で通話をする時間の長い方は、iijmioがお得。
  • 仕事や友人など、家族以外と通話する時間の長い方はUQモバイルも便利。

無料通話アプリ(ライン)を利用できない相手と、一回どのくらいの時間通話するのか?

が選び方の鍵になります。

最低利用期間の縛りと違約金

UQモバイルの最低利用期間と違約金は以下の通りです。

UQモバイル 最低利用期間 違約金
データSIM なし なし
音声通話SIM 12カ月 9,500円
ぴったりプラン 24カ月 9,500円
おしゃべりプラン 24カ月 9,500円

iijmioは以下の通りです。

IIJmio 最低利用期間 違約金
データ専用・
SMS付SIM
利用開始月の
翌月末
なし
音声SIM 1年 1,000円から12,000円

 UQモバイルは音声通話プラン(無料通話なし)の場合12カ月、ぴったりプランとおしゃべりプラン(無料通話あり)は24カ月以内に解約すると違約金9500円がかかります。

 

IIJmioは音声通話つきSIMプランの場合は、12カ月以内に解約すると違約金1000円~最大12000円がかかります。(最低利用期間前の月ごとに1000円加算)

 

どちらも音声つきプランの場合は違約金が発生しますが、UQモバイルの方が違約金額が高く、縛り期間も長いです。

そのため、UQモバイルは長く契約することを前提で選ぶことになります。

 

iijmioは契約期間未消化の月のみ、違約金が発生します。

音声通話プランで12カ月以内に解約しても、6か月目に解約すれば6000円、11か月目に解約すれば1000円です。

「1年以内に乗り換えるかも?」という場合は、iijmioの方が縛りがゆるく、違約金も低いのでオススメです。

端末の種類は2社とも豊富

ちなみに両社とも端末のラインナップが非常に充実しています。

iPhoneもありますし、20種類以上の機種の中から対応端末を選べます。

機種の種類

IIJmioの方が端末の種類は多いです。

端末割引率が高いのはUQモバイルです。

まとめ

  • コスパの良さ重視ならIIJmio。
  • 通信速度重視ならUQモバイル。

人それぞれ求める条件が違いますので、ご自身に合うプランかどうか検討してみてください。

 

どちらを選んでも、月のスマホ代は3000円以下になります。

※3GBプランの場合。

 

【IIJmio公式サイト】

IIJmio

【UQモバイル公式サイト】

UQ mobile

UQモバイルは、上の特典つきWEBサイト経由からの申し込み限定で、初期費用(3000円)無料、8000円~10000円のキャッシュバックが貰えます。

※期間限定なので、条件やキャッシュバック金額は変動します。

 

※当記事の価格、プランは現時点(2019年7月10日)までのものです。

価格やプランは変更されます。お住まいの地域によっては通信状況が悪い場合もあります。詳細は必ず公式サイトまたは店頭にてご確認ください。