ひとみーぬ通信

本、映画の感想、ブログ運営法など雑多なブログです。

楽天カードは超お得!特典、還元率、付帯保険のメリットと便利な使い方【保存版】

ライン公式アカウントで友達限定記事配信中♪
友だち追加

クレジットカードを持ちたいけれど、どれを選ばいいのかわからない。

ポイントや特典の種類が多く、複雑すぎて使いこなせなそう・・

 

このように感じる方は多いと思います。

 

クレジットカードの種類は豊富で、特典や還元率、提携ポイントなど、すべてを把握して選ぶには手間と労力がかかります。

さらに各カードの特徴を把握して使いこなすには、神経も使いますし、正直に言って疲れます。

  • とにかく日常生活でお得になる、凡庸性の高いカードが欲しい!
  • 面倒なことなしに気軽に作れて、年会費無料のカードがいい!

今回は、そんな方におすすめの万能性のあるクレジットカード【楽天カード】をご紹介します。

f:id:nomado67:20200113212543j:plain

日常使いにおすすめのカードは「楽天カード」

数あるクレジットカードの中でも、凡庸性が高く、一枚持っておいて損のないカードが楽天カードです。

楽天カードの特徴と特典

  • 楽天市場利用時のポイント還元率が3%(ポイント3倍)
  • 年会費無料
  • 海外、国内旅行保険付帯

年会費無料で気軽に作れるにも関わらず、還元率のよさ、サービスの使いやすさが抜群。

特に楽天スーパーポイントがじゃんじゃん貯まるので、楽天市場を年に一度でも利用する人なら、持っておいて損のないカードです。

楽天市場以外でも基本還元率が1%なので、年会費無料カードの中でもお得感があります。

楽天ペイにも対応しているので、お財布を持ち歩かず、スマホで決済派にもおすすめ。

お得技!楽天カードの便利な活用方法3つ

楽天カードのパフォーマンスをさらに引き出すための、簡単な方法を3つご紹介します。

「楽天カード ポイントで支払いサービス」を利用する

最近、楽天のクレジットカードの利用請求額に楽天スーパーポイントを充当できるサービスが始まりました。

これにより、毎月のカード利用分の引き落とし額を減らすことができます。

楽天モバイル+楽天カードでポイント常時5倍!

格安SIMの楽天モバイル の請求先を楽天カードにすると、楽天市場でのポイントが5倍になります。

 

通常(楽天カードのみ)だと3倍です。

 

例えば、楽天市場で月に1万円の買い物を1年間続けると、年間6000円分の楽天ポイントが貯まります。

毎月の化粧品代など、楽天で購入すればザクザクポイントが貯まりお得ですね。 

f:id:nomado67:20200114221158j:plain

ポイントアップキャンペーンをフル活用する

  • 楽天市場のアプリを導入すればポイントが1倍UP。
  • 毎月5の倍数の日は、2倍UP。
  • お買い物マラソン、買い回りキャンペーンで最大35倍UP。
  • 誕生日に100円~700円分のポイントプレゼント。
  • 楽天ふるさと納税利用で、寄付金額から1%還元される。

など、楽天ポイントを効率よくためる方法が沢山あり、組み合わせればポイントを何倍にも増やすことができます。

楽天スーパーポイントが使えるお店は?

  • マクドナルド
  • ビックカメラ
  • ミスタードーナツ
  • プロント
  • ペッパーランチ
  • ポプラ
  • ダイコクドラッグ
  • くら寿司
  • ツルハドラッグ
  • コメ兵
  • ジョーシン

など、人気大手チェーンで使用することができます。

提携店は今後も増えていくことが予想されます。

楽天スーパーポイントと交換できる他のポイント一覧

  • 楽天Edy(楽天スーパーポイント1ポイント⇒楽天Edy1円)
  • ANAマイル(楽天スーパーポイント2ポイント⇒ANA1マイル)

海外旅行で超便利!「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」

クレジットカードでマイルも貯めたい方、年に何回も飛行機に搭乗する方は、上位のカードである楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードがおすすめです。

楽天ゴールドカードの特徴

楽天ゴールドカードは年会費が2000円かかりますが、海外、国内の旅行保険が5000万円まで付帯しています。

空港のラウンジが年2回まで無料で使えるので、年2回のラウンジ利用だけでも年会費の元は回収できます。

楽天プレミアムカードの特徴

楽天プレミアムカードは年会費が1万円しますが、海外の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが付与されています。

提携VIPラウンジは、世界中に900か所以上あり。

他にも手荷物配送サービス、海外国内保険もついています。

海外旅行の際に、クラス感を味わいながら快適に楽しみたい人にオススメです。

トータルで旅費が安くなる

還元率もよいので、旅行費用を楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードで支払い、さらに楽天トラベルを利用すれば、ポイントが果てしなく貯まります。

 

貯まった楽天スーパーポイントは、クレジットカードの支払いに充当できるので、実質的に旅費を安くすることができるのも魅力。

この2枚の上位カードは、楽天市場でのお買い物が常時5倍からのスタートで、ポイントもざくざく貯まります。

【注意ポイント】

上位カードのため、審査は少し厳しめ。

まずは楽天カードを所有し、ある程度利用してから上位カードに申し込むのもありです。

普通の楽天カードでも、ポイントは3倍で、海外、国内旅行保険付帯、貯めたポイントをクレカ請求額に充当できます。 

楽天デビットカードもおすすめ

楽天のカードは、クレジットカードだけではなく、デビットカードもあります。

デビットカードは、あらかじめ入金しておいた自分の口座(楽天銀行)から、利用料金が即時に引きと落とされます。

  • クレジットカードだと、つい使いすぎてしまう。
  • 安定した収入がない、学生なのでクレカを作れない。
  • 海外でも利用できるカードが欲しい。

という方にはとても便利です。 VISAやJCBなど、世界的シェアのブランドなので、海外でも幅広く使えます。

 

発行は⇒楽天銀行から行えます。

ちなみにデビットカードでも、楽天市場での買い物時に2%還元されます。

【補足情報】

楽天ポイントを、デビットカード決済時にも使用できるようになりました。

楽天カードを作るには?申し込み手順と流れ

1、楽天カードのサイトから、申し込み事項の項目を埋めて送信。(スマホからでも申し込み可能です)。

2、審査に合格後、約1週間~10日間でカード到着。

3、配達員に免許証等で本人確認をしてもらい、受け取り完了。

4、利用開始!

 

という流れです。

本人確認のために家にいて、自分で受け取る必要がありますが、その分面倒な本人確認書類を送付する手間が省けます。

入会キャンペーンと特典

楽天カードは常時入会キャンペーンを行っています。

新規入会と利用で5,000ポイント(5000円相当分)が付与されます。

ただし、ポイントの付与には条件があります。

  1. 入会特典2000ポイント⇒「楽天e-NAVI」への登録、受け取り。
  2. 利用特典3000ポイント⇒指定期間内に一回以上の利用。(期間限定ポイント)

時期によりキャンペーン内容が変わることもありますので、詳細は直接公式サイトのキャンペーン情報をご覧になるのが早いです。

楽天カード公式サイト⇒楽天カード新規入会キャンペーン

世界的にキャッシュレス化が進む時代

f:id:nomado67:20200113212842j:plain

海外の先進国でのキャッレス化は、もはや当たり前になっています。

日本ではキャッシュレス決済の比率がわずか20%と、大きく出遅れています。

今後、オリンピック招致に向けて、ますますキャッシュレス化(カード利用)が進むと予想されます。

私も数年前までは、現金を使う機会が多かったのですが、最近はクレジットカードで支払いを済ますことの方が多くなりました。

クレジットカードのメリット

  • ATMで、いちいち現金を引き出す手間が省ける。
  • 現金を持ち歩くよりも安全。
  • 使うたびにポイントが還元されて、お得になる。
  • 会計時がスムーズでスマート。
  • 海外、国内旅行保険付帯で、別途旅行保険に加入する必要がない。
  • 提携サービスを利用すれば、実質最安値価格でサービスを利用できる。

現金よりも手間がかからず、使う度に得できる・・

という点から見ても、今後もカード決済の利便性は高いと思います。

 

自分の生活シーンに合うカードを一枚持っておき、使いこなせるようになるだけで、何も知らずに現金支払いをしている人達の何倍も、何十倍も得をすることが可能です。

 

楽天カードは数あるカードの中でも、初心者から中級者、上級者までカバーした凡庸性の高いカードなので、興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

楽天の各カードの特徴まとめ

○お買い物、旅行、飲食など、日常使いでクレカをお得に使いたい方向け【年会費無料】 ⇒楽天カード

 

○日常使いに加えて、海外旅行の空港ラウンジも無料で利用したい方向け【年会費2000~10000円】 ⇒楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード

 

○何らかの事情でクレカを作れないけれど、現金は持ち歩きたくない方、海外でもカードを使用したい方向け ⇒楽天デビットカード

 

※情報は2020年1月時点までのものです。利用条件や年会費は変更されることもあるため、詳細は必ず公式サイトでご確認ください。