ひとみーぬ通信

本、映画の感想、ブログ運営法など雑多なブログです。

結局どこが安い?携帯料金を減らすには準キャリアがおすすめ!

収入は増えないのに支出は増える。家計が厳しい。

毎日数十円、数百円単位で節約し、欲しいものも我慢しているのに、毎月のスマホ代だけで8000円超え・・。

スマホ代、高すぎませんか?

総務省も携帯料金が家計を圧迫していることを危惧

総務省は、近年のスマートフォンの普及等に伴い、家計支出に占める携帯電話の通信料の負担が年々増大していることを踏まえ、利用者にとって、より低廉で利用しやすい携帯電話の通信料金を実現するための方策について、「ICTサービス安心・安全研究会 消費者保護ルールの見直し・充実に関するWG 携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」(以下「タスクフォース」といいます。)において検討を行い、本年12月16日にタスクフォースの取りまとめが行われました。

出典:総務省|「スマートフォンの料金負担の軽減及び端末販売の適正化に関する取組方針」の策定及び携帯電話事業者への要請

 

スマホ一台につき、利用料金を月額8000円支払っているとして、4人家族なら毎月32000円です。

毎月3万円以上もの支出が通信料だけでかかります。

家庭によっては食費と同額程度のお金を、スマホ代に補充しなけらばなりません。

家計に占める携帯料金の割合

しかもスマホ代は通信するための手段であり、教育や住宅ローンのように資産になる支出ではありません。

今後収入が増える見込みがなく、必要な支出は増える一方なのに、スマホ代だけでこれほどの固定費を支払っていたら、自分や家族の幸せな未来を圧迫することは目に見えています。

携帯料金が家計を圧迫

出典:総務省|平成30年版 情報通信白書|電話通信料

スマホ代の見直しで年間6万円の節約効果

日々、食費や生活費で数百円単位で節約するよりも、毎月の携帯料金を減らすことが最大の節約効果になります。

毎月のスマホ代が今よりも3000円安くなれば、年間36000円のお金が手元に残ることになります

5000円安くなれば、年間6万円の節約効果です。

プランを最適化させ、毎月の携帯料金を減らすだけで

10年後には、60万円、30年後には180万円が、自動的に貯まることになります。

そのための努力や我慢は一切必要なく、スマホのプランをご自身のライフスタイルに合わせて最適化させるだけで可能です。

 どうすればいい?

携帯代を減らすには以下の3つの方法があります。

  1. 現在の大手キャリアのスマホプランの見直し。
  2. 格安SIMに乗り換える。
  3. 準キャリアに乗り換える。

 大手キャリア

ドコモやソフトンク、auという大手キャリアでスマホを契約している方は、毎月のスマホ代が高額になりやすいです。

大手キャリアを利用していてスマホ代が毎月9000円超えている方は、以下の点を見直してみてください。

  • 無料通話プランを利用せずに、通話料を支払っている。
  • 毎月のデータ容量が大量に余る、または足りない。

大抵は無料通話分を超えた発信をしてしまい、30秒/20円の通話料が積みあがり、利用料金が高くなっています。

またデータ容量をたくさん使わない(3GB以下)のに、30GBや50GBの高額プランに加入している、反対にデータを大量に消費するのに容量の少ないプランに加入してしまい、オプションでデータを購入している、などの可能性があります。

特に、気軽にデザリングをしてしまうと一気にデータを消費してしまい、上限に達してしまう場合が多いです。

大手キャリア

対策としては、使用量に合わせたプランの見直しをします。

しかし、大手キャリアのプランは複雑で把握しづらい上に、基本料金も高めの設定のため、最適化させても月額5000円以下に抑えるのは難しいのが現状です。

格安SIM

スマホ代の高さへの不満が限界に達し、格安SIMに乗り換える人も増えています。

格安SIMだと確実に毎月のスマホ代が安くなります。

例えば【データ容量3GB、一回につき3分間かけ放題の無料通話つきプラン】でも月額は2000円台で収めることができます。

単に「料金だけを徹底して下げたい!」という方には便利なサービスですが、デメリットも無視できません。

  • 速度が大手キャリアに比べて遅くなる(私の体感では5分の一程度)
  • 混雑時は通信が繋がりにくい。
  • 無料通話の無制限かけ放題プランがない。
  • 実店舗がない会社もある。

など、スマホの利便性が大手キャリアに比べて落ちます。

料金を大幅に下げる代わりに、多少の不便さは我慢する・・というのが格安SIM利用の心得になります。

準キャリア

  • 大手キャリアの基本料金の高さ
  • 格安SIMの通信速度の遅さ

の2点をカバーし、料金を大幅に下げられるのが準キャリアです。

発信通話をする時間の多い人でも無制限かけ放題プランが用意されていますし(Y!mobile)、容量も2GBから30GBまで選ぶことができます。

2大準キャリアの特徴

  • ワイモバイル・・SoftBank系列の会社が運営。ソフトバンクの回線を利用。
  • UQモバイル・・au(KDDI)系列の会社が運営。auの回線を利用。

格安SIMとの最大の違いは、大手キャリアの息がかかっているということです。

基本料金が大手キャリアよりも安いので、同じ条件でも準キャリアなら半額以下で利用できます。

携帯料金を下げる

デメリット

デメリットとしては2年縛りなどの契約期間が発生することです。

しかし実際は1年ごとにキャリアを変える人は少ないですし、一度契約すると2年位あっという間に使い続けていることが多いと思います。

 

注目のデメリットは縛りの期間ではなく、期間に応じて料金が変わる点だと思います。

注意点:2019年後半から各種割引や縛り期間がなくなる!?

2019年後半から、総務省がスマホプランの規制を行う「分離プラン」を施行します。

参考サイト⇒総務省|電気通信事業法の一部を改正する法律(令和元年法律第5号)の施行に伴う関係省令等の整備等に対する意見募集

これにより、今までお約束だった2年縛りが撤廃され、端末購入割引、新規契約限定のキャッシュバック等の割引が受けられなくなる可能性があります。

この規制は携帯料金を下げる目的ではなく、価格競争を公平化させるためのものです。

 

縛り期間がなくなる代わりに、今までのように乗り換えや機種変更でスマホ端末を実質数百円で購入したり、新規契約で高額のキャッシュバックを受けることができなくなります。

詳細は今後の政府の動向次第ですが、各種割引制度は2019年後半以降に変更される可能性が高いです。

 料金が1年ごとに変わる

 Y!mobileもUQ mobileも現状では2年契約の縛り期間があります。

最初の1年間は割引適用でグッと安く、次の1年間は1000円値上がり・・というプランが多いのが特徴です。

データ容量3GB、無料通話つきプラン 1年目 2年目
UQ mobile(おしゃべりプランS、ぴったりプランS) 1980円 2980円
Y!mobile(スマホプランS) 1980円 2980円

2年ごとに乗り換えるのがお得

どちらもデータ容量3GB、ライトな無料通話つきプランで

  • 1年目は1980円
  • 2年目は2980円

とほぼ同じです。

☆無料データ増量適用で2G→3Gになります。

2年間の縛り期間の間だけ利用し、契約更新月(値上げのタイミング)で、別のキャリアに乗り換える、というのがお得な価格のまま使いこなすコツです。

【例】

2年間・・UQモバイルで契約

3年目にワイモバイルに乗り換え

2年間・・ワイモバイル

 

合計4年間、3GB、無料通話つきのスマホプランが月額1980円から2980円台で利用できます。

 

※UQモバイルは3年目から長期割引(月額-1000円)が適用されるため、そのまま継続しても2年目と同じ料金です。

 UQモバイルとワイモバイルの比較

両社ともお互いに意識しているのか、各種割引キャンペーンを含めた最終価格がほぼ同額に設定されています。

無料通話時間:10分と5分の違い

違いを探すと、ワイモバイルは基本プランに10分間発信し放題の無料通話がついていることです。

UQモバイルの【おしゃべりプラン】にも無料通話はついていますが、5分間発信し放題なので、無料通話時間がワイモバイルに比べると5分短くなります。

(UQモバイルには【ぴったりプラン】という月60分から180分の通話時間が無料になるプランもあります。)

通話かけ放題

無制限かけ放題があるのはY!mobile

Y!mobileには【スーパー誰ともでも定額 月額1000円】という国内通話無制限のかけ放題オプションが用意されています。

UQモバイルや他の格安SIMには、通話無制限かけ放題のプランはないので貴重です。

ラインなどの無料アプリを使わず、発信時間が長い人は通話料を気にせずに存分に話せます。 

Y!mobileオンラインストアはこちら

データ繰り越しができるのはUQモバイル

 UQモバイルでは余ったデータを翌月まで自動で繰り越すことができます。

【例】

3GB+先月余ったデータ容量1GB=4GB

となり、余った分のデータから先に消費されます。特に手続きは必要はなく、自動で繰り越しされます。

ワイモバイルはデータの繰り越しができません。

基本容量が同じでも、繰り越し分の容量が増えるので、UQモバイルの方がお得になります。

※UQモバイルにはデータ無制限プランもあります。

留守番電話サービス

UQモバイルは月380円かかりますが、ワイモバイルは無料です。

電話オンリーで連絡を取り合う相手がいる方には便利ですね。

各種割引は大差なし

割引でお約束の端末購入割賦割引や家族割りは両社とも用意されています。

どちらも割引率が高く、実質100円から500円程度でスマホ端末を購入できることが多いです。

家族割りは2台目から-500割引き。

関連サービスとの併用でも割引されます。(300円から1000円)

  • ソフトバンク系のワイモバイルは⇒SoftBank Air、SoftBank光で割引。
  • au系のUQモバイルは⇒WiMAX (WiMAX 2+) 契約で割引。

 基本料金と実質価格の比較

新規加入やNMP転入などで受けられる各種割引も名称は違いますが、大体同じです。

容量3GB、無料通話つきプラン 基本料金
ワイモバイル(スマホプランS) 2980円
UQモバイル(おしゃべりプラン、ぴったりプランS) 3980円

基本料だけで見るとワイモバイルの方が2980円で1000円安いように見えますが、UQモバイルは2年間1000円割引+1年間1000円割引がついています。

  割引名&割引額 条件 割引適用期間
ワイモバイル ワンキュッパ割 月額1000円 初めての契約(NMP含む) 2カ月~1年
UQモバイル スマトク割 月額1000円 おしゃべりプランorぴったりプラン契約 2年間
  イチキュッパ割 月額1000円 初めての契約(NMP含む) 1年間

実質価格は以下のようになり、結局両社ともほぼ同じ価格になります。

実質料金 1年目 2年目
ワイモバイル 1980円 2980円
UQモバイル 1980円 2980円

トリックのようにややこしいですね笑

 

スマホプランはこのように表示価格ではなく、各種割引やキャンペーンを利用した後の価格が実質価格になります。

キャッシュバックで1万円以上の差が出る

同レベルのプランで、表示価格から割引等を計算した後の実質価格は両社とも大差ありませんでした。(関連サービス併用割引を除く)

しかし、キャッシュバックキャンペーンを利用すると実質価格が大きく変わります。

 

UQモバイルは専用のWEB限定キャンペーンサイトから申し込むと、最大8000円から11000円のキャッシュバックを貰えます。

さらに初期費用3000円が無料になります。

 

★WEB限定キャンペーンサイト⇒UQモバイル

※キャッシュバック金額は時期により変動します。(私が契約した時は4000円でした。)

 

ワイモバイルには、WEB申し込み限定キャッシュバックなどの特典がありません。

そのため、WEB限定キャッシュバックや初期費用無料特典を利用すると、UQモバイルの方が実質11,000円から14000円ほど安くなります。

※UQモバイルでも、店舗で申し込むと初期費用が有料になる、キャツシュバックが受け取れない場合が多いので事前に確認しましょう。

準キャリア変更後の節約効果

準キャリアのスタンダードなプラン(3GB、ライトな無料通話つき)に変更するだけで毎月の携帯料金を月1980円にまで下げることができます。

節約効果

2年間ごとに乗り換えれば、合計4年間1980円~2980円でスマホを利用できます。

月額8000円⇒月1980円=月-6020円減らせる。

年間で計算すると6万円~7万円安くなります。

10年だと60万円から70万円の節約効果です。

 

4人家族で一台8000円だった場合は、年間24万円から28万円の節約

10年だと、240万円から280万円の節約です。

大学の学費も払えてしまいそうですね。

 

※Y!mobileの「SIM単体契約特別割引」を適用すると、スマホプランSの場合、毎月-400円値引きされて、1年目の料金が月額1580円になります。

他社からの乗り換え+WEBからの申し込み限定です。

詳細は公式WEBサイトにてご確認ください⇒Y!mobile

まとめ

「携帯料金を減らしたいけど、利便性は維持したいから格安SIMはちょっと・・」という方は準キャリアを検討してみるのがおすすめです。

デメリットは2年縛りだけなので、大手キャリアの契約と大差ありません。
しかも運営しているのは、大手キャリアです笑

ブランド感や絶対的な安定性、50GBなどの大容量が必須の方にはおすすめしませんが、そこそこネットを利用し、そこそこ通話もするスタンダードな使い方をされている方には魅力的なサービスだと感じます。

 

固定費削減は節約の基本です。

固定費の中でも必須だけど、資産にはならない「手段」としてのスマホ。

掛け捨て保険のようなものなので、今快適に使いつつ、安く抑えるのが賢い選択です。

1時間だけ時間をとり、プランを見直すだけで、1年後に6万から7万円のお金が増えることになります。

契約もネットなら10分程度でサクサク終わりますし「見直しがちょっと面倒」というだけで、年間6万円以上のお金を余分に支払うのは損です。

浮いた分が家計の足しになれば生活が楽になりますし、旅行や趣味など、節約したお金で楽しい思い出を作ることもできますね☆

年間6万円節約

準キャリア、格安SIM乗り換えまでの手続きがわからない方はこちら↓をご参考くださいませ。

www.hitominu.com

 

 ※当記事の価格、プランは現時点までのものです。価格やプランは変更されます。

お住まいの地域により通信状況が悪くなる場合もあります。詳細は必ず公式サイトまたは店頭にてご確認くださいませ。