ひとみーぬ通信

本、映画の感想、ブログ運営法など雑多なブログです。

人に期待する人と期待に応えようとする人は共依存。不健全な関係だと思う。

頑張っているけど、報われない

頑張っているけど、幸せを感じられない

私はこんなに頑張っているのに、頑張っているのだから・・!!

 

なんで!?

 

このような心の叫びを常に感じる人は、少なくないのではないでしょうか。

そもそも頑張る目的は何ですか?

まじめで優等生タイプな人程、頑張る基準が世間体や周囲から誉められることありきになりやすいのではないかと感じます。


誉められることを報酬に頑張っても、結局満たされない可能性が高く、自分にとって価値のない、意味のないことを頑張り続けてしまう可能性があります

 

頑張る目的

 頑張る姿勢に「はなまる」が貰えるのは学生まで

私は基本的に頑張ること自体が評価されるのは学生時代までだと思っています。

人から頑張ってますアピールをされても「だから?」位にしか思えません。

そんなことをしている暇があったら技術を磨くことに労力と時間を注げばいいのに・・と思います。

相手が頑張ってること自体を評価することは悪いことではありせんが、言い方を変えれば「頑張っていて辛そうなあなたが好き」という意味にもなります。

楽しそうで、幸せそうなあなたが好き、と言われた方がまだ愛情を感じますね。

人のウケ狙い的な人生程つまらないものはない

他人は好き勝手に色々求めてきたり、評価してきたりするでしょうが、それは相手が勝手にしてることだし、人の欲求に答える必要はないと思います。

誉められたから頑張る、という習慣がつくと、どんどん人のウケを狙い、無理をしてしまう癖がつくし、人の評価ありきの自分になってしまいかねません。

 

そうなると、自分は何が楽しいのか、何がしたいのか全くわからなくなり、人間のペット化してしまうのが目に見えています。

人に期待する人は依存心が強く独善的

私は誰かの期待なんて無視していいと思っています。そもそも誰かに期待する人は依存的なので、こうして欲しい、こうしなさい・・!と際限なく相手にしてして攻撃を続けます。

 

本来は人それぞれ、自分で満足を得られるようにならないければいけないのに、人に期待する人はいつも「私を喜ばせて~!満足させて~!」と厚かましいのです。

そんな人の評価にいちいち答える必要はないと感じます。

 

義務的に生きる人はいつも恨みがましい

またそのような人の期待に答え続けようとする人もだんだんと厚かましい人間になっていきます。

「自分はこれだけ自己犠牲を払って期待に応えているんだ!楽をしている奴、自由に振る舞ってる奴ゆるせん!!派遣氏ネ!非正規よかマシ。だからぼく、搾取なんてされてない!でもなんか、ズルくない?ズルくない?自由な奴ズルくね?」

ってなりますから。

で、「社会人として~すべきだ!自分のことばかり考えていてはいけない!~しないのはおかしい!!」と正論ぶりながら、気に食わん精神で幸せそうな人を攻撃しまくるようになります。

 

人に期待しすぎるのも、人の期待に応えようとしすぎるのも、どちらも他者への依存気質が原因なので結局は似た者同士なのですよね。心理学的には共依存の関係とも言いますね。

こう考えると、人間関係って複雑なようでいて案外単純なんだなぁって思います。