ひとみーぬ通信

本、映画の感想、ブログ運営法など雑多なブログです。

【コスパ良しでミニマム】これからはKindle Unlimitedで読書します

ライン公式アカウントで友達限定記事配信中♪
友だち追加

どうも、日々視力回復トレーニングに励む三条です。

 

読書が趣味でありながら、視力の低下を防ぐために近業を控える・・という矛盾した生活を送っています。

 

何とか眼精疲労を抑えるために、オーディオ読書に挑戦してみたり・・と色々しています。

 

昨年までは紙の本を購入していましたが、

 

・保管スペースを確保できないこと(部屋が本に占領される)

・知りたい情報がドンピシャで書いてある本が紙の本になかったこと

 

からAmazonの読み放題サービス、Kindle Unlimited (キンドル アンリミテッド)の会員になりました。

 

といっても今回は2回目の無料トライアルです。

 

前回は数年前に、無料で30日間お試し利用させて頂き、その後の3回ほど優良会員で読み放題を堪能しました。

 

キンドルアンリミテッドとは?

 月額980円で本が読み放題になるamazonのサービスです。

専用のkindle端末やスマホ、タブレットに本をダウンロードして読むことができます。

 

まぁ、そこそこ定着しているのでご存じの方も多いと思います。

 

今回は、あらためてキンドルで読書をするメリットを実感したので、そこら辺の感想を書きたいと思います。

 

かさばらずに省スペース

 

紙の本を毎月買っていると年末にはタワーになるか、本棚から溢れてしまいます。

 

私は1年に一度、中古本販売店に本を売却していたのですが、段ボール3箱位の量になり、自分で持ち込むのは困難です。

 

そのため引き取りにきてもらうのですが、毎年時間と労力がかかり面倒な作業でした。

 

しかも50冊位売っても2000円位にしかならないことが多いです。

まぁ捨てるよりは罪悪感がないかな、という感じ。

f:id:nomado67:20210708112729j:plain

これだけ売っても1年後にはまた本があふれて、売却しなければ部屋が本に占拠されてしまいます。

 

kindleで本を読むようにして、紙の本を売却したところ・・

 

 

f:id:nomado67:20210731122949j:plain

本棚のスペースがこれだけ空きました!

 

ほとんど読み返さない本たちがこれだけの部屋のスペースを占領していたのですね。

 

以前、勝間和代さんが部屋のスペースをどれだけ占領するかによって、家賃のコスパが決まる・・

とおっしゃつていましたが、本を抱えているだけで相当なコスパ高でした。

 

新書だからまだこの位のスペースで済んでいましたが、これが漫画だと倍以上のスペースを確保しなければなりません。

 

ドラゴンボール全巻(通常版)で42冊です。本棚がいくつあれば足りるでしょうか・・

 

まぁ紙の本に愛着のあるコレクターなら、もちろん良いわけですが、私の場合そこまでこだわりはないので、省スペースで部屋が広くなった方がありがたいです。

 

持ち運びが楽

 

紙の本の場合、2冊、3冊と持ち歩くと重くてくたびれます。

せいぜい一冊が限度ですが、それでも分厚い本だとそこそこ重いんですよね。

 

kindleの場合、端末(薄くて軽い)を持ち歩けば、ライブラリにある本を何冊でも持ち歩けるので、移動図書館状態です。

 

端末を忘れた時でも、スマホから気軽に読めるので、外出先で本が読みたくなった時に助かります。

 

欲しい情報をドンピシャで得られる

 

これはkindle unlimitedを試してみてわかったのですが、アンリミテッドの読み放題サービス対象の本には、本屋さんに積まれているようなメジャーな本だけではなく、

 

個人が自力で出版したkinleKDP(出版サービス)の本も含まれます。

 

実は私も数年前にこのkidle自己出版サービスを利用してamazonで本を販売させて頂いていました。

 

特に費用がかかることもなく、比較的かんたんな作業で自分で作った本をamazonで販売できます。

f:id:nomado67:20210731123518j:plain



↑これです(笑) 

ナマイキにも1位と2位に・・購入者様が★5つのレビューをくださった時は感激しました・・(´ノω;`)

 

毎月ぽつぽつ、売り上げが上がるのが嬉しかったですね。

 

現在も個人で出版している本も多く、その中には今後のビジネスを始動するにあたり、必要な情報がピンポイントで書いてある本もありました。

 

大手出版社の本だと、構成がある程度決まっているため、あまり具体的で突っ込んだ内容の本が少ないのですよね。

 

大抵、同じような構成で、基本、内容、あとがき・・という感じで、初心者向けの内容が多いです。

 

いざ、具体的に活動するとなると、どうすればいいの?

 

という所や、裏技的な情報がなかなか出てこない。

 

一方で、キンドルアンリミテッドの読み放題サービスの本にはマニアックな情報の本も多いため、得たい情報だけピンポイントで収集することができます。

 

そういう本は、割とページ数が少な目(80ページ位)なので、サクッと読めますし、何冊読んでも980円なのでまとめ読みすることができます。

 

一冊ごと購入するよりも、コスパが断然よいです。

 

いい点ばかり書きましたが、デメリットもあります。

 

解約後は読めなくなる

 kindle unlimitedを解約してしまうと、ダウンロードした本は読めなくなってしまいます。

 

30日以内に沢山の本を読みたい場合、ある程度の読書時間を確保しておく必要があります。

 

まとめ

f:id:nomado67:20210731122810j:plain


無料トライアル⇒kindle unlimited

 

私の場合、6冊ダウンロードした段階で4000円以上浮いたので(紙の本に比べて)コスパの回収は十分でした。

 

解約も自由なので、とりあえず今月はゆとりがあるから、読書しまくろう♪という月だけ契約するのが良いかな、と感じています。

 

無料トライアルが一度ではなく、何回か体験できるのはありがいですね。

 

オーディブル、kindle unlimitedと合わせて6冊以上の本を無料で読ませて頂きました。

 

ちょうど仕事で必要な本だったので助かります(・ω人)”))感謝♡